« [雑記] 『京商アスリートヒューマノイドカップ』! | トップページ | [イベント] 第4回 ROBO-ONE Special »

2006年8月 6日 (日)

[イベント] 第7回 ROBO-ONE J-Class

 見てきました夏のJ-Class!

06080501_1
06080502


 何はともあれ、入賞した皆様おめでとうございます。

 今年の大会は重量制限が2.0kgまで開放された為か、『重さが強さ』というフシが見え隠れしました。
 ですが、上位入賞機体の重量を見ると1.5kg前後でまとまっているので、操縦者の腕さえあれば重量差は跳ね返せる感じでした。

 機体性能に注目すると、足の速さ+機動力(旋回や技の出の速度等)が高い機体が良い成績になっていました。もちろんその速度を活かせるパイロット性能も必要なのでしょう。

 重ければ強い、という訳でもなさそうなので一安心でした。


見ていて、おおお!と感じた機体をピックアップしてみます。

★ありまろ6
 予選デモで第10回ROBO-ONEのレギュレーションクリア性能を見せ付けてくれました。もはや黄色いアリウス。
 前進スピードが目を見張るほど速く、流石はロボスプリントで3mを6秒切った機体でした。
 移動するたびに、きゅっきゅっ、と音を立てていたので、おそらく地面への踏み込みとグリップが高いバランスで取れているのだろうと思いました。


★ivre
 第9回ROBO-ONE第3位のivreの軽量版と言った感じ。
 強いサーボを特殊な構成で機体を組んでおり、低身長、ハイパワー。今回もロングな鉄板(というか金尺)でめったうち攻撃メインの超攻撃的でした。
 ですが、今大会最速の前進速度かと感じました、大股な歩幅なのにリングの端ー端移動はありまろを上回る'あっ'という間感で駆け抜けられる性能が凄かったです。


★RB1
 RB1000の改造機体。
 低身長、折りたたみ腕(展開時は長椀)のべーちっくのような形状の機体
 旋回性能が高く、それでいて腕を振り上げる攻撃の有効幅・パワーが強くダークホースな強さでした。
 象徴的な対戦が、vsダイナマイザーJr。移動速度に勝るが攻撃リーチに劣るダイナマイザーJrが攻め難そうにRB1のスキを狙うべく移動を繰り返しましたが、RB1が有効打をきめて勝利を収めました。


★キングカイザーJr
 今回はプロポコントロール、しかも下の息子さんの操縦でグレートマジンガーJrを打ち破り優勝(゚д゚)
 キングカイザーJr戦いを見ている限り、熟練の経験者、の動きでした。
 お、恐るべし・・・。


大会運営について発言があった案

●『地方予選大会』->『決勝大会』の2段開催案。
 高校野球みたないモノかも。
 J-Classは『withファミリー』を重視しているので、ご家族の経済負担の軽減も考慮してか地方の方の参加し易くするため『地方予選大会』をやろうか、ということだそうです。
 個人的には本大会で先に導入した方が・・・と思いました。

●『重量クラス分け』案。
 理由の詳細の明言はありませんでしたが、重量1kg以下の機体が明らかにバトルで不利すぎる件でしょう。


今回の収穫
 KHR-2HVがデモで行ったうさぎ跳び。よく見ると足のロール軸も利用していたコト。
 以前から試したかった足のサーボ構成を『SuperDigger』が実装しており高い機動力だったコト。
 足の付け根のピッチ軸Wサーボは、あり、なのかなと思いついたコト
 

|

« [雑記] 『京商アスリートヒューマノイドカップ』! | トップページ | [イベント] 第4回 ROBO-ONE Special »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [イベント] 第7回 ROBO-ONE J-Class:

« [雑記] 『京商アスリートヒューマノイドカップ』! | トップページ | [イベント] 第4回 ROBO-ONE Special »