« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月24日 (月)

[雑記] まだまだシタッパー

 『第1回わんだほーとぼっとか~にばる』の順位が発表されました。


 改めて見ても私のKHR-2の順位はほぼ最下位~ヽ(´д`)ノ
 上を見るしかない無い状況なのでやる気が出ます。

 当分仕事で忙殺されて時間が取れませんが、何とか時間を作ってKHR-2HVをキビキビ動けるようにしていかないと。


 目指すは大会は、
9/3の『ロボアスリート3000 アムラックスカップ』


要作業の優先順位は・・・
 1.無線操縦
 2.モーションの作りこみ
 3.外装

がんばらねば~。こつこつと。


 ロボイベントと言えば『アムラックス ロボット博覧会』の他に、『ヒューマノイドカップ@ロボスクエア』も開催されていたとか。競技に3on3サッカーもあったとか。

 『わんだほー』の1on1もさることながら、3on3サッカーが面白そうだ~
 『わんだほー』で活躍をみれなかったクマさんが大活躍したそうで、見れないのがなんとも悔しい。なにはともあれ、入賞おめでとうございます。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

[雑記] 色々質を上げる為

●無線操縦
RCB-3,RCB-3Jコマンドリファレンス公開
(近藤科学)

 ヽ(`・ω・´)ノばんじゃ~い
 通信コマンドが分かれば、低速シリアル接続の自作リモコン(PS2ワイヤレスコントローラー流用)だけでも作れそうです。
 あくまで"作れそう"だけど。

 
●外装
Grp_0009
 『勇者熱』が再発してついつい購入した『ガオガイゴー』。
 最初、デザイン画を見たときは萎えてしまいましたが、パーツ大きさの比率が調整されはこいつは、めちゃめちゃ格好いいと思いました!
 このデザインを元にKHR-2HVの外装を作れないかと思案中。胸のパーツがバッテリーカバーに調度良さそうなのが選定したポイントの1つです。
 胸と腕と脛下、背中が作れればそれなりに見栄えがしそうな・・・。


●KHR-1,KHR-2HVの作成ワンポイント(仮)集
 のページを作ろうかなと思案中。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

[イベント] 第1回わんだほーろぼっとか~にばる

 16日日曜、無謀にも素組みのKHR-2HVで有線操作、サンプルモーションのみの状態で参加してきました。

 イベントの様子は
 snさんの『散財心理学実習講義200X』のイベントレポート
 Tempusmasterさんの『ROBO DREAM』でのスナップ写真のスライドムービースナップ写真集
 『第1回わんだほーろぼっとか~にばる』HPでは競技結果
でご覧ください

 初めてのロボイベント参加なので準備からしておおわらわでした。
 忘れ物しないようにチェックリストまで活用したにもかかわらず・・・会場に着いてから急速充電器の電源コードを忘れてたことに気付いて冷や汗モノでした。フル充電のバッテリーは2パック持ってきたので、やりくりできましたが、忘れ物は怖いですね~。

 会場入りしてからは自分の荷物を広げることもそこそこ、挙動不審なほどきょろきょろして、会場入りする他の参加者さんとロボット見るたびに、嗚呼この人がこのロボの製作者さんなんだ~、と一人感動してました。

 イベント開始前に、この場にいる全員の自己紹介タイムとなり、これまたあたふたしました。
 自機のKHR-2HVに"名前"を付けていなかった・・・。桶をかぶせたヘッドパーツを装着していれば名前を付けられたのですが、素組みで装飾無しの機体なので悩んだ結果、主催者のいしかわさんに丸投げしてその場を乗りきりました。結局、このイベントでは『KHR-2』で通ることになりました。


 最初の競技までに、秋さん(私と同じくほぼ素組みのKHR-2HVで参加されていた方)とあれこれお話させてもらいながら自機のKHRR-2HVを動作確認してみると、サンプルモーションでまったく問題なく動作。流石サンプルモーション、と基本の凄さを思い知りました。


 そして競技。
 J-Classに参加できないうっぷんを晴らすべく、全競技参加しました。


●【対戦】ダッシュ!2000
 相手はZIPPONさんの繭。
 自分の方が遅すぎて、勝負にならないのが分かりきっているたので、焦ることなく操作に集中できました。
 が、サンプルモーションをちょっと改良した6歩毎前進が予想以上に真っ直ぐ安定して進むので、集中する必要もないほど適度にモーション再生ボタンを押してました。
 結果、方向転換無し、転倒しそうになることも無しで、48秒48で完走しました。

 上出来すぎました。


●【個人技】ボトルトラクション
 「引く」には低重心、前かがみのモーションが無いと自機では無理だろ~と思ったので、「押す」ことにしました。ペットボトルの本数は・・・チャレンジしてみたかったので2本1kgに。
 ペットボトルを入れた箱を歩行しながら膝でゴスゴス押してみた結果、1分で20cmほど進みました。
 足裏滑り止めなどが無いので、滑りまくっていたのがかなりのロスでした。


●【対戦】サイコロシュート
 これまでの競技での獲得得点の近いモノ同士で対戦、というマッチメイクになったので・・・相手が秋さんのKHR-2(鉄人)となってしまいました。
 ロボがほぼ同じ(秋さんのKHR-2HVにはジャイロセンサ搭載。私のには無しくらいの違い)なので操縦者性能の勝負です。
 対戦開始となると、やはり操縦がもたつき、押し相撲のような状態が続き、お互いゴール無しの結果となりました。
 転倒は私の方が多かったような。自分の線踏んで倒れていたし・・・。


●【団体戦】風船サバイバル
 団体戦なので気楽に~、と思っていたら、操縦ミス連発で連続転倒、起き上がりモーションで自分の風船を握り潰しそうになったあげく、結局転倒の拍子で自分の風船を割ってしまい、自爆脱落。
 同じチームになった道楽さん法政大の方には申し訳なかったです。


 そんなこんなで全競技出ましたが、下から数えた方が早い順位になり、ランブルにも出ました。


●【混戦】ランブル
 混戦エリアへの突貫癖が出てしまい、突っ込んで行ったが最後グリーンアイズか、零式か、デスティニーに背中を叩かれ転倒、起き上がる間もなく蹴飛ばされてリングアウトで終わりました。
 不甲斐ない結果でしたが、配線を持ってくださった人形使いさん、ありがとうございました。


 終わってみると、結果が芳しくないのは予想通りですが、バッテリーは何とか持ち、素組みでもとても安定して動いてくれたのが予想以上の頼もしさでした。


 基本性能が高いので、勝つために性能を上乗せさせられるかは所持者次第と感じました。
 がんばらねば~。


 それとは別に、イベントではおとなしい(というか地味、特徴の無い)ロボではダメだなと実感しました。
 特徴のあるモーション、他に類を見ない外装などが無いと、イベントを盛り上げる為の一参加ロボとして役目を果たしていない、と強く感じました。
 こっちもがんばらねば~


●番外 懇親会
 色々な方々とお話しできて、めちゃめちゃ楽しかったです。
 そりゃもう予想以上に・・・。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

[ロボ子] 待てずに購入

 新車↓納品
Grp_0001_2

 新機体↓
Grp_0004_2

 ETロボコン競技会(7/1)の夜、注文してしまいました~。

 そしてすぐさま組み立て。
Pa0_0005_2

 RCB-3JとHeartToHeart3は、やっぱり使いやすいです。
 モーションの組み立て方がプログラマブルなので、サンプルモーションを使いまわすのもすごく楽で感動してしまいました。

 が、今時点出来ないことが1つ。

 無線(KRT-3とKRR-1)を使ってPCから制御できません(つд`)
 RCB-3J用のRCBコマンダーがまだ無く、PC上からキーコード送信も出来ないようなので、かなりがっくりです。

 KRC-1ロボットコントローラー(近藤純正のプロボっぽいアレ)があれば幾分問題ないのですが、どーも買う気になれず、自機の無線操作は当分お預けになってしまいました。
 キーコードパターンの一覧でもあれば、なんとかなりそうですが、それも見当たらず・・・。

 またしてもROBO-ONE J-Classは見学となりました。(有線操縦は参加資格基準に適していなのです)

 な・の・で、有線OKのイベントは恥ずかしがらずに積極的に参加しようと一念発起!「第1回 わんだほーろぼっとか~にばる」に参加してきました~。

 素組みのKHR-2HVがどこまで動いたかー、は次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

[ETロボコン] 大会の日です

 はい。
 ETロボコン2006、競技会の日です。
 あと2時間ほどで受付開始です。

 やるだけのことはやりました。
 後は神頼み。

 去年の実績がリタイヤのみだったので、完走してくれれば御の字(´д`)

 破線走行とか(実験動画です)、Z字クランクカーブとか(実験動画です)攻略法を作りましたが、今年の分はもう悔いがありません。(ドルフィンジャンプが完成できなかったのが、ちょっと、かな)

 大会を楽しんできます~
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »