« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月21日 (金)

[雑記] こういうこともあるさ

 突然、私事でこの土日は自宅待機、缶詰状態になってしまいました。

 カンファレンス参加はキャンセルだよ(つд`)
 幸い(?)懇親会不参加なので、\4000の損失で済んだのはラッキーかもしれません。

 ということで、参加する皆さんは楽しんできてください(・ω・)ノ
 王国の割引券が手に入らないのが口惜しや~。


 土日はロボ子と戯れていることにします。
 いいかげんロボ子を仕上げろという、お告げかもしれないですね~
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

[雑記] 直前!第7回 ROBO-ONE Technical Conference

 いよいよ明後日!やほぉ~ぃ!

 実は、開催告知と同時に申し込み済みだったりします。
 No.011でした。

 参加費を払って参加するROBO-ONE関連イベントはこれが始めてなのでめちゃめちゃ楽しみです。

 簡単に言うと、オフィシャル主催、講師・講習者ともにROBO-ONE参加者、のロボ技術講習会。

 『Technical Conference』=『技術的な会議』(Yahoo翻訳)ということなので、私の思うこの会議の趣旨は、目を見張る高い技術を持ったビルダーのロボ技術の手の内を明かしてみんなでROBO-ONEの競技レベルを上げよう、ということでなのでしょう。

 今回も聞いてみたい内容ばかりです。

 講演のタイトルを並べてみると、

・ROBO-ONEの方向                 :西村大会委員長
・森のロボットたち-愛・地球博のロボットに学ぶ :先川原さん
・ROBO-ONEで勝つためには            :森永さん
・やれば出来る。プティに続け            :横浜桐蔭大学さん
・評判の良かったマジンガアの走りとは?     :菅さん
・OMNI ZEROの画像処理など            :前田さん
・華麗なアスリートダイナマイザーの全て     :杉浦ファミリーさん

 注目しているのは、前田さんの画像処理講習、杉浦さんのダイナマイザー。

 私のロボ子にも早いうちに、カメラによる周囲認識を搭載したいので、ROBO-ONEでのカメラ使用ロボの第一人者前田さんの手の内は、とても興味があります。
 それに、ロボ子の基本コンセプトはアスリート系なので、移動技術に優れているダイナマイザーのヒミツにも興味があるわけです。

 あと気になるのは、西村大会委員長のROBO-ONEの方向。
 エンターテイメントイベントとしてのROBO-ONEも回を重ねて8回ですが、『まだ』というか『次々と』このままで良いのか?と思えるルール、イベント進行などなどの事項が目に付くので、オフィシャルとしての方向性を聞いたうえで、聞ける質問を投げようと思っています。

 今回の講習参加者は、200人!(前回は100人) ROBO-ONE人口こんなに多いのか!?と驚く人数です。席取りの為にがんばらないと朝早く出ないとなぁ~と思ってしまいました。
 でも、参加費\4000。びみょ~に懐にイタイ額です(´・ω・`)

 ああ、そういえば心配事が1つ。
 私、ROBO-ONE関連参加者で、顔見知りの知り合いがいません。
 誰が誰だかわかりません・・・。
 昼御飯とか寂しいカモ。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

[雑記] 新追加パーツ

 先週末か今週頭頃に、ロボファクトリー、ツクモロボット王国に新しいパーツが入りました!
サーボアーム700A

 重量が書いてありませんが、ガラス混合樹脂性、軽量化に役立てそうですね~。
 どこかで見たような、と思ったら、マイノに使われているアームと同じ形状のようです。

 自作ロボを設計するときアーム構造の参考にしようか、とも考えているので、\1600と値段が張りますが、機会を見て買ってこようと思います。


 もうひとつ。
 マイノに使われているサーボ、KRS-4024HVの詳細が公開されました。
 詳しくは近藤科学のHV詳細のページに。

 この大きさで、488HV並みの重量というのが驚きです。
 地味ですが、軸側のケースの角が丸く削られているのがうれしい配慮ですね。これで稼動箇所の隙間を小さく出来ます。
 それにしても軸の稼動範囲260°って広いですね~。肩や、胴ヨー軸の為かな。人型以外のロボに使うと考えれば、色々役立ちそうですね。
 ケーブルが着脱式になってメンテナンスが楽になりそうですが、PWM制御のままでは配線スッキリにはほど遠いような・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

[雑記] ロボレース開催

 偶然にも、明日8日から2つのロボットレースが始まります。

 1つは、ロボプロ・アスリートinエキスポランド。
 何度も記事に書いてる二足歩行ロボの短距離走ですね~。

 もう1つは、DARPAグランド・チャレンジ。
 公式
  Grand Challenge Home(英語です)
 ニュース記事
  自律走行車が競う『DARPAグランド・チャレンジ』第2回出場車が決定
   (HotWired Japan)
  完走めざす「ナイト2000」たち――ロボットカーレース、今週開催
   (ITmedia)
  無人車28台以上で決勝レース~ペンタゴン主催、賞金200万ドル
   (USFL.COM)

 メタルギア・ソリッドで組織名がおなじみ(?)の米国国防総省高等研究計画局が主催するロボットカー(本物の自動車を完全自律化させたもの)のレースで、ネバダ砂漠内全長150マイル(約240km)を走行する大レースです! なんと賞金(完走しても条件付)が200万$!

 今回で第2回。前回第1回は完走車無しの過酷なレースですが、195チームの応募があり、書類審査で43チームに絞られ、その中から予選を勝ち抜いた23チームで争われます。

 高校生のチームがいるは、前回で負債を負ったチームはいるは、完走しなければ次回は賞金額が倍になるわで、なんとも私らは置いていかれてる世界です~(´д`)

 レース自体の目的はもにょってしまいすが、今回こそは完走車が出るのか、それがどんなチームのどんな車両なのか、とても楽しみです。


 ラリー=長距離という繋がりで、ふと思いました。
 京商のアスリート競技発表時、いずれは8km(フルマラソンの1/5)を開催したいと洩らしていましたが、ホビーユースの二足歩行ロボで長距離走をやったらどうなるんだろうか?と。

 試しに、完走時間は。

 試算用の速度として、現在ROBO-ONE最速のダイナマイザー2が、最高速50cm/秒オーバー出せることを考慮し、そして計算が面倒なので、1mを3秒の速度(33.33cm/秒)とします。
 計算してみると、
 1km = 1m x 1000 : 3秒 x 1000 = 3000秒 = 50分
 8km = 1km x 8 : 50分 x 8 = 400分 = 6時間40分

 ・・・まじですか(゚д゚)?な時間が掛かりますね・・・。
 走ってるだけでこんなに時間が掛かるとは。整備の時間も加えたら一体いつがゴールになるやら。

 バッテリーが1時間はもつらしいロボノヴァならば、バッテリーの心配が少なさそうですが、他の機体となると一体いくつのバッテリーと充電器があればやりくりできるだろう・・・。
 それに、7時間近く走らる訳ですからフレームもモーターも、あらゆる部品を酷使することに・・・スタート時装備していたパーツは、ゴールまで持たないこと請け合い・・・。

 こ、これはこれで人もロボ過酷過ぎる。

 ちなみに、50cm/秒で走ったとすると・・・4時間26分40秒。
 過酷なのは変わりませんね。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[雑記] 静岡限定ロボザック

 少し前に、デアゴスティーニがいつもの『週刊~』でロボノヴァを出す、という情報を知り、いつ発行だろう~と楽しみにしていたのですが、ついに出たようです。

 組立てブログが公開されてます!

ロボットを組み立ててみるblog

デアゴスティーニ・週刊ROBOZAKを作る

 肝心のデアゴスティーニHP自体に何の情報もないのですが・・・あちこちHPを検索して、見つかった書店の情報を見てみたら・・・、

『静岡版』の文字。

 静岡限定!?

  。 。
  / / ポーン!
( Д )

 * *  * *
* * * * * *
 * *    * *
    パーン!
( Д )

 地域限定って、アリかぁ~!?
 せっかくサーボの号だけ買って、サーボ代安くあげようと・・・げふんげふん・・・。

 美味しいかもしれない買い方をして、実験用サーボを手に入れようかと考えていましたが、そうは問屋が卸しませんでした。アハハ。
 静岡の皆さん、おいしい思いしてください。

 でも、1冊分の値段でサーボ1個では安すぎないか、とよくよく考えましたが・・・

・代替の¥2000程のサーボがパッケージされる、かもしれない。
・ハイテック社純正だが、バラバラに何号かで分けてパッケージされる、かもしれない。

という、どんでん返しでくるの可能性も捨て難い。

 毎号どんなパーツが来て、ロボの組立てブログが2年続くのか目が離せません。

おまけ
 『ロボザック』でググると、あわわwなHPが・・・。
 『きゅーてぃーばにー』でググって、あ~あ~(´д`)なHPが引っかかった時と同じ衝撃を受けました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

[雑記] TVで見た最近のロボ

 先の日曜の昼、某局のバラエティー番組のVTRでしたが、アフロが元気に踊ってシャボンを吹いていました。
 綜合警備保障のガードロボの流れでの出演だったようですが、ガードロボとまったく毛色の違うアフロがいちゃっていいのだろうか・・・と、ちょっとふき出してしまいました。
 天下の綜警が遊んでるようなロボを・・・げふんげふん。


 そして、おなじみテレ東WBSで、最近噂の村田製作所の自転車ロボ・ムラタセイサク君
 明日(正確には今日)から開催するCEATEC JAPANへの実働出展の為の製作の様子が映されていました。
 ギリギリまで調整、手直しの風景はどこも同じだなぁと、人事じゃなく思えて乾いた笑いが出てしまいました。ああいうのはロボに限らずですから、ねぇ・・・。

 映像、ブログをみる限り動いてくれたようで、見に行きたくなってしまいましたが、作成風景の映像を見ていて萎えた箇所があったので、行くのは止めにしました。

 それは・・・ペダル漕いでる足がダミーだったから(つд`)
 後輪はサドル下のホイールを回して動いていたよ・・・。

 人間業じゃない(当たり前)遅さで、自転車に乗ったまま車輪と同じ幅の一本橋を進んだり出来る技術は、純粋に凄いと思いましたが、なんというか、あ~あ、というがっくり感でいっぱいになりました。
 やはり、まだ足でバランス良く漕ぐのは、まだ無理なのか・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »